転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

医者

胆のうは沈黙の臓器

医者

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

Read More...

予後のQOLも考えた治療

看護師

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

Read More...

医療機関の選び方

がんの転移や再発は患者の心と体に大きな負担がかかります。こちらのサイトでは予防策の詳細を紹介していますよ。

検査設備が充実しているか

先生

体の異変があった場合は医療機関に受診しますが、病院を選ぶポイントとは何でしょうか。特に生命予後の関連が高い「がん」について述べたいと思います。 「がん」は早期発見・早期治療が必要ですが、その理由のひとつとして転移という問題があるからです。転移は他の臓器にがん細胞が移っていくことですが、全身に広がると治療は極めて困難となります。こうならない為にも検診など定期的に受けることが必要です。このような検診を受ける場合、施設の選び方は診断できる検査機器が充実していることが何よりも重要です。例えばPETがあります。PETは全身を範囲としたがんを検査することや転移の部位を特定することを得意とする機器ですので、PETの有無が判断材料となります。高額な機器ですので、設備がある施設は限られます。今ではインターネットで容易に検索ができますので、まずは利用してみましょう。

治療メニュー

がんの治療は、主に外科的治療と化学療法、放射線療法があります。外科の名医が在籍している場合、その名医に外科的治療をお願いしたく、その施設を選ぶことも必要です。しかし、現代の医療は専門医制度も確立されており、医師間の技術の差は少なくなってきております。 また、化学療法も副作用を極力抑え、それぞれの部位に効果のある抗がん剤が開発されております。よって、外科的治療や化学療法は、ある程度どこの施設でも均一の治療ができるようになっており、施設選択の基準としては判断しづらい情報でしょう。 今後、がん患者さん求める治療として放射線治療があります。これは既存の放射線治療ではなく、陽子線治療若しくは重粒子線治療のことです。残念ながら保険診療ではないのですが、先進医療のひとつとして国に認定されております。設備を有する施設として全国でも片手で数えるほどしかありません。この治療は従来の放射線療法では照射が不可能であるがんを得意とし、放射線による周りの健常組織への障害を極力抑えた治療法で、転移性がんにも有効です。現在でも治療に悩むがん患者さんが多数受診されていることから、全国的に普及することが待ち遠しい治療法です。

予後不良のがん

病院

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

Read More...